光プレミアムでBIGLOBEからBBエキサイトに乗り換え

NTT西日本のフレッツ光プレミアムのBIGLOBEセットを申し込んで工事したのは3年以上前のことですが、違約金のかかる2年を過ぎても変更手続きが面倒でなんとなく継続していました。回線品質には特に不満がなかったせいもあります。

しかし、Gmailを使うようになってプロバイダのメールアドレスもほとんど使わなくなりました。BIGLOBEのサポートに電話することもありません。セキュリティやコンテンツの豊富なオプションも利用しないのでは、BIGLOBEのプロバイダ料が無駄に思えてきました。

4月から消費税率がアップしたのをきっかけに、一念発起してネットで検索してみると、どうやらBBエキサイトが光プレミアムのプロバイダとしては一番安いようです。やってみるとプロバイダの乗り換えは案外簡単でした。

BIGLOBEとNTT西日本の請求がまとめられていたのが、BBエキサイトとNTT西日本それぞれに支払う形になります。と言っても、クレジットカード払いにすれば手間は変わりません。使えなくなると思っていたBIGLOBEのメールアドレスも、解約のためにBIGLOBEのサポートに電話してみると、Webメールで使用するなら無料で継続できることが分かりました。BIGLOBEへの支払いがゼロでも、会員の籍だけ残しておけば公称会員数を減らさなくて済むからでしょう。

BBエキサイトの申し込みはオンラインでスムーズにできました。乗り換えキャンペーンで税別500円の月額料金が半年間300円になり、通常料金でもBIGLOBE時代と比べると毎月700円、年間で8,400円も節約になります。

回線品質はBIGLOBE時代と比べて特に変わったようには感じません。こんなことならもっと早く乗り換えるべきだったと思います。BBエキサイトのサポートは平日昼間だけですが、元々プロバイダのサポートを当てにしない人なら、乗り換えを検討する余地はあるでしょう。

フレッツ光からイオヒカリヘ

マンションがイオヒカリの回線を引くに伴い、プロバイダの乗り換えをしました。

ちょうどNTT西日本のフレッツ光の「もっと割」の割引期間が終わったところだったのでした。

べつにもっと割というサービスに不満はなかったのですが、後継のサービスの「もっともっと割」というものが全く魅力が感じられなかったためです。

我が家は今スマートフォンが一台、タブレットが二台あります。それぞれが年内に機種変更したくなる頃合いなので、ちょうどそのときにキャリアも乗り換えようかということになりました。ケータイ・タブレット三台分も含めての通信費が安くなるのは、さすがに大きいです。日常の節約にはなかなか限界があるので、固定費で安くできるのは助かります。

今までのメールアドレスが使えなくなるという点に関しても、タブレットを利用するようになって、パソコンでのメールはほとんどしなくなっていたのであまり支障はありません。

スカイプや仕事での資料作成にしか使っていないので、ネット回線の速度の比較はあまり体感ではできませんでした。

ネットサーフィンもタブレットやスマホで楽な姿勢で行ってばかりです。家のパソコンでのやりとりをする機会はもうすっかり減ってしまったので、もっと安いプランが出たらそちらへ乗り換えると思います。

今回のフレッツ光からイオヒカリヘの乗り換えに関して、我が家の使用状況を考えると、プロバイダ選びもまた、すこし様子が変わってきたのかな?と体感しました。

フレッツ光OCN利用

フレッツ光は色々なプロバイダーに対応しており、自分の好きなプロバイダーを選べるメリットがあります。

フレッツ光に対応しているプロバイダーは、大小含めると300社以上あるといわれています。

私は現在OCNを利用していますが、このプロバイダーには満足しています。以前はOCNの半額程度のプロバイダーを利用していましたが、サポートが悪かったり、回線の安定性が良くなかったり、サービスが悪かったのでOCNに乗り換えました。

自分に合ったプロバイダーを選ぶには、ネットのクチコミを参考にサービス、料金で選ぶと良いです。

インターネット初心者の方であれば、電話や遠隔サポートが充実しているプロバイダーを選択すれば良いですし、ネットに詳しくサポートを必要としない方、またとにかく料金が安いほうが良ければより安いプロバイダーを選ぶと良いです。

そしてプロバイダーの乗り換えですが、せっかく乗り換えるのであればキャンペーンを利用した方がお得になります。

プロバイダーによっては乗り換えるだけで、月額料金が数ヶ月無料になったり、割引になったりするところもあります。

また現金のキャッシュバックがあったりするところもありますので、乗り換えるのであればこういったキャンペーンを利用するとお得です。

申し込み窓口によっては、キャンペーンの内容が異なる場合もありますので、事前にしっかりと調べて自分に合った特典を選択するとさらにお得になりますので、乗り換えを検討している方は参考にしてみてください。

光回線のプロバイダーの乗り換えについて

光回線の光ファイバー回線のau oneは専用回線で、プラバイダーもau oneと他社の4社ほどで電話回線のプロバイダーより少ないです。因みに「@ニフティ」などがあります。

電話回線と違い通信が安定している事、大容量及び高速通信ができる事です。月額の利用料は回線の利用とプロバイダーの通信料は常時接続でも、どこを利用しても同じ利用料金になっている事です。光回線の別名は光ファイバーと言っていますが専用の光ファイバーを使っている事です。

光回線同士のプロバイダーの乗り換えは簡単ですが電話回線からの乗り換えは大都市である事及びマンションあるいは戸建て住宅となっています。

そのような条件がありますが光回線のプロバイダーでは住居地域などを当てはまるかどうかの検索機能がありますので入力する事で申し込みが出来るか、どうかの判断が出来るようになっています。その判断機能がありますので間違え光回線のプロバイダーの乗り換えをしなくて済みます。

検索エンジンで光回線のプロバイダーを検索しますと案内されますので個人の好きなプロバイダーを選択しページにアクセスする事で選択し申し込みが出来るようになっています。光回線のプロバイダーは、どこでも映画鑑賞が出来るようになっていますがパソコンにDVDの挿入口のあるパソコンが必要です。

そういうパソコンはドライバー等が既に装填されていますので設定の必要はないと考えます。最初に利用する場合はウインドウズ・メディアセンターから入れば鑑賞に失敗することはありません。

bbiqへの乗り換えに大満足

プロバイダはビッグローブを利用し、自宅固定電話で光を利用しており、これも含めNTTのフレッツ光を使用していました。

なんとなく自宅のいろんな経費見直しを考えつつネットで調べていると、価格.COMのページでプロバイダが紹介されているのを知りました。
その時は、乗り換えることで「キャッシュバック50,000円」となっており、大変魅力を感じました。

しかし、当時NECのグループであるという安心感と、長年問題なく利用してきたビッグローブから、別のプロバイダに乗り換えるのは少々抵抗を感じました。bbiqは九州のみで展開しているプロバイダで、ビッグローブと比較するとどうしても不安が残ります。

そこで、bbiqのホームページを調べたり、カタログを入手してその詳細を調べまくりました。

まず一番に魅力を感じたのはその価格です。先に書いたキャッシュバックとは別に、とにかく月額が安い。bbiq以外にも乗り換え先を検討しましたが、結局ここが一番お値打ちでした。
今まで支払っていた額より、なんと2,000円近く安くなります。しかも通信スピードは変わらずです。

また、これまでNTTとビッグローブへ別々に支払っていた通信料が1本で済みます。価格面ならこれを選ばない手はありません。

当初心配していた、会社の安心感も、ネットで調べる限り否定的な意見が少なく、特にに問い合わせ窓口の対応が良好であるとの記事が目立ちました。これなら導入後も安心して利用できそうだと考えました。

九州だけがサービスエリアとなりますが、最近転職し転勤のない職場になりました(以前は九州外への転勤の可能性もある会社)ので、この部分は問題ありません。

安くなることやキャッシュバックには、3年あるいは5年の契約継続が前提となっていますが、ここまで安く安心して使用できるのであれば、そうそうまた乗り換えることはないでしょうから、大して気になりませんでした。(念のため3年契約にしましたが)

実際に先日乗り換えの工事が終わり、現在問題なく利用しています。
一度メールの設定で問い合わせ窓口にTELしましたが、こちらが言うことを良く理解いただき、確かに対応は良いと感じました。

bbiqへの乗り換え、大変満足しています。